2007年11月17日

@捜査開始 アダルトグッツがわんさか

今回の調査は京都の宝石店の跡取り息子が対象者でした。
対象者:夫[36歳]親が経営する老舗宝石店の役員+跡取り
依頼者:妻[29歳]九州より関西に嫁いでいるが別居の為、現在は息子×1[5歳]をつれ実家に帰省中。

依頼人はその妻であり夫の浮気が原因で既に別居状態。離婚の話をしていたのですが旦那は莫大な資産を持ちつつ、一切慰謝料や養育費は出せないという。
その理由に「会社が倒産寸前でこの先どうなるかわからないから」ということです。
さっそく資産調査を行ってみると会社は健全経営で全く借入れがありません。またメインストリートに自社ビルを持っているためどうころんでも急に倒産ということはなさそうです。夫は多額の資産を親から譲り受けているので慰謝料として妻に払いたくないという口実であることは明らかでした。

こうなったら浮気の証拠をきっちり押さえて離婚協議に持込しか有りません。
ということで調査開始となりました。


posted by カメレオン at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ■対象者:京都宝石店の御曹司

2007年11月20日

A素行調査

何度か素行調査をしていてだんだん対象者の行動がつかめてきました。会社の役員なので自由が利くのか出勤は11時くらい。会社に一度顔を出したと思ったらまたすぐ出てきて病院へ行ったり自宅へ帰ったり勝手気ままな行動を取っているようだ。

別居しているということから浮気の日時を特定しにくく三回目の張り込みのときついに浮気相手と接触!
というよりもこの男よっぽどの遊び人である。
夕方会社を出たら後車は大阪梅田へ駐車場へ車を止めてある雑居ビルに入っていきました。
場所を突き止め確認してみると出会い喫茶だった!
出会い喫茶とは女性と男性がデート目的に会するという表向きの名目だが実際は援助交際の交渉の場所を与えているのだ!
女の子もどこかに所属せず簡単に客が取れるということで最近はあちこちにできてきている。大阪発祥ではないので東京・名古屋どこだろう?
さて話を戻すと、数時間店の前で張り込んだ結果案の定20歳そこらの若い女の子を連れ対象者は店から出てきた。無論ホテルへ直行バッチリ現場を納めました。

これで調査は一段落と言うところなのだが依頼者の奥様からどうしても浮気相手を突き止めてほしいという要望があったので更に調査を続行することになりました。

この男はよっぽどエロいのだろうその後すぐに浮気相手とのデートを押さえることができました。
事前に奥様の了解をとって部屋の中には盗聴器を仕込んでいるので浮気相手を家へ連れ込んでくれれば御の字です。

対象者が会社よりお昼に一度家へ帰宅、通常移動手段は自家用車ハリアーなのだが家を出てきたとき駐車場には向かわず幹線道路へそしてタクシーを拾ったのである。
この瞬間飲み会があるのだと推測されもしかしたら浮気相手とのデートではないかと期待!
案の定夕方に心斎橋の北堀江のイタリアンレストランで落ち合った。これまた20歳そこいらの若い娘であったがかなり仲がよく今に始まった間柄ではないように感じられる。

ここからは少しアダルト内容になる。
レストランに向かい合わせに座っているときから膝にスカートを捲り上げたりいちゃいちゃ行動があったがレストランを出て駐車場で抱き合いディープキス対象者の手はすでにスカートの中へ!
車の中での行動はなかなか尾行しているもので確認はできなかったがかなり激しいことをしていたことがのちのちわかる。
そのまま家に帰りエッチ深夜3時くらいまで5時間くらいにわたってやっていた。
盗聴器からもれる大音量のあえぎ声と奇妙なプレイの様子に私はあきれてしまう・・・。
翌日なかなか家を出てこないので浮気相手は水曜日が休みということで不動産関係かと推測したが後で彼女の所持品を確認したところネイルアート専門学校へ通う学生だった。

翌日二人がお昼ごはんへ出かけたところ家の進入捜索をし盗聴器を回収したのだが、、、
別途の周りにはたくさんのアダルトグッツが散乱していた。
驚いたのはパンティにバイブレーターを装着できるようなセクシーランジェリーにリモコンバイブが装着されておりパンティには愛液で大きなしみができていた。気づかなかったが昨夜のレストランですでに彼らのエッチな遊びは始まっていたのだ。
これほどエッチな行為をするものは薬物をしている傾向があるのだが今回は薬物は見つからなかった。

この内容を依頼者に報告したら依頼者はその子私より美人でした?女性はやはりそこが気にんですねぇ。

以上
任務終了
posted by カメレオン at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ■対象者:京都宝石店の御曹司