2007年10月30日

浮気調査に必要な機材

□いまどこサーチ セコム位置情報検索ツール
対象者が車で行動する場合はかなり有効。勤務地にちゃんといっているかまた仕事帰りの行動,休日の行動を把握することができる。尾行する際にも見失うことがなくなり余裕をもった距離で行える。

□ビデオカメラ不貞行為の証拠は写真と行動記録によって立証されるため浮気現場の映像、画像が決定的な証拠となる。
カメラはだめなの?
カメラでも現場を納めれれば問題はないが、ラブホテルから出てくるところなど証拠は瞬間的な場合が多くカメラだとなかなか技術的に難しい。その点ビデオカメラは後でよくうつっているコマをプリントすればいいのでビデオカメラの方が断然お勧め。

□盗聴盗撮機材これは個人での使用はおすすめできません。
法的にもすれすれのところにあり、プロも配偶者の同意書をもらい自宅などその効力がある範囲での使用となる。
機材はインターネット、大きな電気屋街で入手できる。主に防犯用として売られている。

□提出書類の用意これも相談できる司法書士、弁護士にお願いした方がいい。
私は逆に弁護士さんからの依頼を受けることがあります。

□携帯データ保存ソフト対象者のすきをみて携帯電話を内容確認することができれば不貞の状況がよりよく解明できます。携帯電話をパソコンに繋ぎ中のメールや電話帳を瞬時にごっそり保存してくれるソフトが市販されている。
これは厳密には違法行為となるが行動の習性をつかむには有効
posted by カメレオン at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

素人調査の注意点

素人調査の注意点

私は調査の現場を知ってもらえるよう色んな情報を公開したいと思っていますが正直ご自身で尾行などの調査をされる場合は十分注意してください。

疑っていることがばれると証拠がとりにくくなる。

相手に疑っていることが一度ばれると今後の調査がやりにくくなります。
浮気調査の依頼でよくあるのですが始めは自分で尾行などしてみたのですがばれてしまい結局探偵社に依頼したといったケースです。
こうなると対象者は極めて浮気に対して慎重になりなかなか証拠をつかませてくれません。
自身で浮気調査をされる場合は必ず協力者と機材を確実にそろえてから計画をねって行うようにしてください。
posted by カメレオン at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月23日

キーワード


浮気調査,探偵社,探偵事務所,興信所
posted by カメレオン at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記