2007年11月17日

交通事故調査

今回の案件は浮気調査とは違うのですが対象者の非道ぶりに記事にしたいと思います。

今日、酒酔い運転・酒気帯び運転での悲惨な交通事故を防ぐ為法改正が行われ、皆に自己抑制の風潮が現れてきているのはとてもいいことだと思います。
無謀運転や酒酔い・交通違反を犯すようなドライバーは取り締まられてしかるべきです。

しかし車を運転するということは危険と隣りあわせで悪意がなく自分のちょっとした不注意または不運によって小さな事故を起こしてしまうことは一度や二度はあることです。
また交通事故を起こしたら後の処理が大変なのは皆様ご存知のことと思います。

今回は軽度の人身事故を起こした方からの依頼でした。

小さな交通事故でもっとも多い怪我が「首の打ち身」です。
実際経験した人からお話を聞くと完治が難しくとてもつらいものだと聞いています。
しかしこの打ち身は医学的に証明することができないらしく自己主張で認められてしまいます。
ここを悪意のある人は利用するわけです。

遅れましたが今回の調査依頼は
依頼者がお釜(衝突事故)の加害者です。対象者が被害者です。
なぜ加害者が調査の依頼を行うというかというと起こした交通事故はさほど大きなものではなく事故所当時の写真を見た限り両者の車体はへっこむことはなく少し傷跡が残っている程度でした。
しかし被害者は首の痛みを訴え通院するようになりました。
加害者も始めのうちは大変申し訳ないことをしたと反省し、丁重な対応をしていたのですが、被害者は通院を2年にわたって続けておりだんだんんと懐疑心が生まれ今回の調査依頼につながったということです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6862692
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック